所得税還付金試算サービス『還プキン』

取られすぎた源泉所得税と愛をとりもどせ!!

『還付』とは、払いすぎた税金を国から返してもらうことをいいます。

サラリーマンの方やフリーランスの方は、給料や報酬をもらう都度税金を天引き(源泉徴収)されていますが、この天引き額は厳密な税額とは異なる場合がほとんどです。
天引き額と厳密な税額の差額は『確定申告』によって調整をすることになります。

ただし、現在の税制では、追加して税金を支払う場合には確定申告が義務化されているのに対し、払い過ぎた税金の還付を受けるための確定申告は任意となっており、確定申告をしなかった場合には国は還付をしてくれません。

還付を受けるためには天引き額と厳密な税額の差額を納税者が計算する必要があるため、試算をしてみる方はなかなかいらっしゃらないのですが、計算してみると多くの場合(特にフリーランスの方)は還付額があります。
また、還付になることがわかっていても、確定申告に対して「難しい」「面倒だ」といったイメージがあるため、申告をしないことで損をしている方も非常に多いです。
これは本当にもったいないことです。

ぜひ試算をしてみていただき、払い過ぎた税金と愛を取り戻していただければと思います。

前提
収入から源泉税が天引きされている方
支払調書を受け取っている方
お得になる可能性が高い人
割と経費を使っているという自覚がある方
配偶者や扶養親族がいる方
  • 数字を入れます。
  • 結果を見ます。
  • 申告書を作ります。
  • 税務署に提出します。
  • 還付金が振り込まれます。
  • ウマー。
万円

必須。
単位は万円。

万円

必須。
単位は万円。

万円

経費額か経費率のいずれか必須。
概算で構いません。

必須。

必須。

  1. 支払調書、保険料の控除証明書、レシート等の資料をお手元に揃えます。
  2. 確定申告書Bと収支内訳書(一般用)を手に入れます。
  3. 支払調書、レシート等をもとに収支内訳書を作成します。
  4. 収支内訳書、支払調書、保険料の控除証明書等をもとに確定申告書Bを作成します。
  5. 納税地の所轄税務署に持参又は郵送します。
  6. 1~2月後に還付通知のハガキが送付され、その後銀行口座に振り込まれます。
  1. お客様:下のフォームからメールアドレスをお送りください。
  2. 税理士:当事務所から申告に必要な事項と必要書類をメールにてお送りします。
  3. お客様:必要書類をご記入の上、ご返送ください。
  4. 税理士:受任後直ちに確定申告書を作成いたします。
  5. お客様:内容をご確認ください。
  6. 税理士:当事務所から税務署へ送付いたします。
  7. 税理士:税務署から申告書の控えが戻り次第、確定申告書、費用の計算書及びご請求書をお送りいたします。
  8. 税務署:確定申告書の提出から1~2ヶ月で指定口座に還付金が入金されます。
  9. お客様:委託費用をお支払い下さい。

色々入れると、戻ってくる(かもしれない)過払い所得税を計算してくれる還プキン。

Flyer.to team