Q024 慰謝料は経費になりますか?

Q
 会社を経営しているものです。取引先の女性(既婚者)を妊娠・出産させてしまった人間のクズと申します。妊娠・出産に至った経緯について話すと長くなりますので省略します。現在、相手方(夫)との話し合いを続けております。当然ながら大いなる反省と誠意ある対応をしようと考えているのですが、相手方に支払う慰謝料は経費扱いになりますでしょうか?
 どこまでも人間のクズであり、ゲスな質問であることは承知しておりますが、ご回答いただけますと幸いです。(40代 男性)

A
 いかにあなたが社長とはいえ、会社とは関係の無い、プライベートな原因から発生する慰謝料は会社の経費とはなりません。といいますか、そこは経費にしようと考えちゃダメです。こんな事案であるならなおさらのこと。

が、せっかくご相談いただいたわけですから経費と出来る可能性を探ってみましょう。と思って小一時間考えてみたのですが、残念ながら1パターンしか思い浮かびませんでした。

仮に、妊娠に至る行為(ぼやかしすぎて気持ち悪い表現ですが)が取引先から仕事をもらうためにどうしても必要であるとした場合にはどうでしょうか。文字面だけみればある意味「交際」費ではあります。ですから「過剰だったかもしれないがあくまで業務上必要な接待であった」と主張してみましょう。その結果売上が出ていれば、もしかしたら大丈夫かもしれません。そこで発生する売上というのもいかがなものかと思いますけど。

ですが、100歩譲って「交際」費が経費になるとしても「交際」はあくまでその場での話であって、その当日の食事代やら宿泊代やらまででしょう。「交際」の結果、妊娠・出産という話になり慰謝料を支払ったとしてもそれは「仕事をとるための接待」との直接的な関係はなく、あくまで副産物でしかありません。得意先を普通に接待した場合に、その得意先が帰り道で交通事故に遭ったとした場合に慰謝料を請求されても「ちょっとそこまでは…」と思うでしょうし、交際費になったりはしませんよね?ですからそこまで交際費の枠を広げるのは無理筋でしょう。

なにはともあれ平和に事がおさまることをお祈りします。
野次馬気質の私としては事の経緯及び現状に関しては興味津々です。経過のご連絡をお待ち申し上げます。