Q026 所得税の天引額が1%しかありません

Q
私はガールズバーで今年の7月から週2日だけ働いていました。
毎月の給料は給料明細と一緒にもらっていました。
給料明細には、10%という名目で毎月10%引かれた額を給料としてもらっていました。
この10%は、私はずっと所得税だと思っていました。
12月で退社と言うことで、確定申告をしたいため、給与所得の源泉徴収票を会社の方に出してもらいました。
しかし、その源泉徴収票には、源泉徴収税額が、1%しか書いてありません。
すぐに、毎月の10%はどこに消えたのかと会社の方にたずねると、雑費として引いていたと言われました……
このままだと、私は確定申告のさいに、殆ど所得税を納めてない事になります。
これは、このまま泣き寝入りするしかないのでしょうか?
因みに、月々の給料明細は全て残してあります。(20代 女性)
Continue reading

Posted in FAQ

Q025 住民税の督促に悩んでいます

Q
突然ですが宜しくお願いします。現在群馬県に在住です。仕事は遠距離通勤で東京都内でタクシーの乗務員を約15年やっていますが都内のタクシーも不景気と規制緩和でかなり厳しいので2011年の1月に都内の会社を辞めざるを負ず、別の会社に再就職をしました。
その後、2010年の市県民税が約30万円であるとの通知がきました。一期ごとに5万円ほど引かれるのですが、住宅ローンもあり支払が厳しいので市役所に相談をし、分割で支払っています。
毎月滞りなく支払いをしているにも関わらず、延滞金の請求と残額の支払いに関する戒告書が郵便で来ました。どの様な対応をしようか悩んでいます。
Continue reading

Q024 慰謝料は経費になりますか?

Q
 会社を経営しているものです。取引先の女性(既婚者)を妊娠・出産させてしまった人間のクズと申します。妊娠・出産に至った経緯について話すと長くなりますので省略します。現在、相手方(夫)との話し合いを続けております。当然ながら大いなる反省と誠意ある対応をしようと考えているのですが、相手方に支払う慰謝料は経費扱いになりますでしょうか?
 どこまでも人間のクズであり、ゲスな質問であることは承知しておりますが、ご回答いただけますと幸いです。(40代 男性)
Continue reading

Q023 自腹で負担した交通費は経費に出来ますか?

Q
アパレル関係の仕事です。仕事場が何か所かあり、電車、自家用車の移動など様々です。
仕事が夜の2時頃に終わるので電車が無い事を前提に、原則自家用車の移動・通勤になります。正社員で収入は15万円です。
通勤には毎月別途6万円の交通費(定期券を支給)が支給されていますが仕事場が変わる関係と深夜のために支給された定期券は実際には一度も使用できません。
通勤や移動は自腹になりますので、毎月平均して26万円の交通費がかかります。
交通費が収入を上回っているので税金が払えません。
正社員ですが、毎月26万円の交通費を経費に出来ませんか?(20代 女性)
Continue reading

Q022 失業給付金と扶養控除の関係

Q
23年の11月に二年間パート勤務した会社を退職し、24年の2月から5月にわたり約37万円の失業給付金を受け取りました。
8月半ばより、扶養の範囲内でのパート勤務で再就職が決まりましたが、この場合扶養の範囲の103万以内にする為には、失業給付金も収入と考え差し引いて、12月まで残り66万円まで仕事してよいのか、失業給付金は保険と考え、103万近くまで仕事してもよいのか、教えて下さい。(40代 女性)
Continue reading

Q021 バイト先へ行く交通費は経費になりますか?

Q
確定申告での経費について教えて下さい。
現在、正社員として働いています。(車通勤で交通費が支給されています)
掛け持ちで夜や休日に、バイト(契約は委託業務=1つの業務を行ってその単価をもらう)を行っています。
バイトに行く際の交通費を経費として計上する事はできないでしょうか?
ガソリン給油の際のレシートは保管していますが、車は日常的に使用しているためバイトの往復でいくら使ったか?という判断は難しい状況です。
他に経費として計上できるもの等、教えて下さい。(40代女性)
Continue reading

Q020 年の途中で退職した場合、退職前の給料は扶養控除に関係するのでしょうか?

Q
結婚を機に、2年間勤めていた会社を7月11日付けで退職しました。
手取り19万、ボーナスは年二回。
今までは社会保険、厚生年金でやってきましたが、今は旦那の扶養に入っています。
これからは扶養の範囲内で働きたいと思っているのですが、
2012年1月から7月11日まで働いた分(夏のボーナスあり)は扶養控除に関係してくるのでしょうか?
もし関係してくるのであれば、うっかり越えてしまわないようにしたいので
ご回答お願い致します。(20代 女性)
Continue reading

Q019 義理の兄が働きません

Q
義理のお父さんが経営する税理士事務所に勤務しています。義理のお兄さんが全く仕事をせず(午後から出勤17時帰宅、かつ、出勤時間のうち半分以上をインターネットをしているだけ)僕より多い給与を貰っているようです。気にしないようにしていますが、最近納得いかなくなってきました。僕は都合よく使われているだけなのでしょうか?ちなみに僕は税理士で義理のお兄さんは資格を持っていません。(30代 税理士)
Continue reading

Q018 コンサルタント契約を開始するにあたり個人事業の申請をすべきでしょうか?

Q
今年3月末に退職し、今は台湾の企業でマーケティング兼アドバイザーとして仕事をしています。
台湾企業からは日本人が社員として働くには就労ビザの取得が必要でなかなか申請を通すのに時間がかかるようです。
今は(就労ビザが必要ない)滞在90日以内の期間(基本的には1か月程度の滞在)で日本と台湾を行ったり来たりしています。
そこで、台湾企業から企業対企業のコンサルタント契約にしてはどうかと提案がありました。
私が日本の個人事業に登録して、コンサルタント料として給料を支払うというものです。
年収は約400万円程度になるかと思います。
収入が300万円以上だと自動的に事業扱いされるとの事で、このようなケースは個人事業として申請すべきでしょうか?(40代 男性)
Continue reading

Posted in FAQ